美容師を続けるために

美容師を続けるために

美容師を続けるために

腰痛はすぐに治るものではありませんね。ですから多くの美容師たちは腰痛を持ちながらも笑顔でお客さんに接しているものです。ですが腰痛が悪化するともはや仕事どころではなくなり、志があってもどうしても美容師を続けることができなくなる人もいるようです。そうはならない為にも腰痛がある美容師は上手く腰痛と付き合っていかなくてはいけません。もちろん治す方向を考えながらです。そのだめにはまずは無理をしない事、姿勢をよくすること、体重管理をはじめとする体調管理をする事、適度な運動をする事、などがあげられます。どれも腰痛だけではなく自分の健康のために良い事ですから、続けていく方が良いと思われます。また大切なのは篠崎駅にあるアシスタントの求人は教育の経営者や管理者が従業員の事を思うならば、従業員が腰痛に悩まされる事のない様な職場を作ることを考えなくてはならないでしょう。特に経営者がまったく美容師の経験のない人であると、現場の意見が受け入れられない事もあるかもしれません。経営者は美容師が無理をしていないかどうか、どうすれば腰痛をはじめとする不調に悩まされずに元気よく働き続ける事が出来るか、と言う事を考えなくてはなりません。逆に言えば、そういう対策をしてくれない美容室で働き続ける事は考えものですよね。意外に思われるかもしれませんが、ストレスが腰痛を悪化させている事も有ります。一般的に思うのは腰痛があることがストレスになっているのでは?ということかもしれませんが、実はその逆も言える様なんですね。ストレスをかかえていると神経伝達物質であるドーパミンが減少してしまって、痛みを和らげるために必要な物質が届かない、と言う事があるようなんですね。ですから腰痛があってもそれを体内から直してくれる物質がストレスによって届かなくなってしまう事があるようです。そのままの状態が続くと腰痛も慢性化してしまい、逆にその腰痛があることがストレスになってしまう、という悪循環に陥ってしまうようなんですね。美容師は腰痛の他にも手荒れなどの身体的なストレスを抱える事が多いですし、それにプラスしてアシスタントなどのまだ下のポジションであるならば人間関係や自分の練習などでストレスを抱えたまま仕事をしている人は多いと思われます。そんな時に腰痛が起きても、ついつい無理をしてしまうのだと思うのですが、それが将来的に腰痛を慢性化してしまうんですね。調子が悪い、と思った時にストレスを発散するような手段を自分なりに持っておくことがとても大切だと思われます。ストレスが軽減されれば腰痛とも前向きに向き合う事が出来るようになるかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ