美容師だから腰痛は仕方がない

美容師だから腰痛は仕方がない

美容師だから腰痛は仕方がない

美容師の皆さんはそれぞれふとした姿勢で「腰が痛い」と感じるのは良くあることだと思うのです。ですが姿勢を変えるとすぐに直ったり特定の姿勢をしない限りは痛くはないのでそのまま放置して仕事を続けている人が多いのではないでしょうか。ところがこの症状が長く続くとある日突然激痛が走るようなぎっくり腰や椎間板ヘルニアなどになってしまう事もあるのです。表参道駅での求人は美容院が業務委託の美容師の皆さんの中には「美容師が腰痛になるのは仕方がない」と思っている人が多く、少々の傷みでは病院に入ったり安静にしたり、と言う事をしない人が多いと思われます。そういった無理をしている美容師の人の中で突然ひどい腰痛に襲われて動けなくなった、と言う人も時にはいるのです。美容師だから、大した痛みではないから、と放置している事はとても恐ろしい事なんですね。一度ぎっくり腰になってしまうと、当分は仕事はおろか普段の生活すらままならないような状況になりかねません。美容師だから腰痛は仕方がない、と思うのではなく、美容師だから腰痛には人一倍気を付けなくてはならない、と言う意識でいる方が良いのではないでしょうか。実は腰痛は自分の心がけ次第でかなり腰痛のリスクを減らす事が出来るものの様なんですね。ぜひ腰痛の予防に取り組みながら仕事をしてほしいと思いますね。美容師の職業病と言えば一番に思い浮かべるのが「手荒れ」だと思うのですが、それと同じぐらいに美容師を悩ませるのは「腰痛」だと言われています。手荒れも大変ですが、腰痛は人が立ったり歩いたり座ったりするためにかなめとなる部分が傷むわけですから、かなり辛いと考えられます。なぜ美容師は腰痛になりやすいのか、というとその仕事をするうえでの姿勢が一番問題であると言われています。美容師の皆さんが良くやっている姿勢は「中腰」ですね。たとえ美容師ではなくても、日常の中で中腰の姿勢で何かに長時間取り組んでいると、必ずと言っていいほど腰が痛くなってきます。無理をして続ければそれが腰痛となって長期間悩ませることになりますから、多くの人は中腰の姿勢で何かを長時間しなくてはならない時には時々腰を伸ばしたり苦痛に感じる部分をたたいたり、と言う事をしながら作業を続けているのだと思われます。個人的な作業で途中で中断する事が問題ないのであれば、姿勢を変えながらやり遂げる事が出来るかもしれませんが、美容師のようにその姿勢で仕事をしなくてはならない、と言う時には思う様に姿勢を変えたりストレッチをしたり、と言う訳には行きません。無理をした挙句に常に腰痛があるようになってしまった、と言う美容師も少なくありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ