アイクリームって必要なのか

アイクリームって必要なのか

アイクリームって必要なのか

年齢がいくと目元の乾燥やシワが気になりだします。そこでアイクリームが必要なのかと気になりだすのですが、イマイチ分からない事も多いです。ここでアイクリームについて考えていきたいと思います。目の下の皮膚の厚さは大体2ミリ程と言われていて身体の中で最も皮膚の薄い場所と言われています。その上、皮脂分泌が少ない場所な為、皮脂膜が出来ない場所です。ですが紫外線や、ほかにもアイメイクやクレンジングなど外部からの刺激をたくさん受けてしまう部分なのです。メイクをしないという訳にもいかないですし、きちんと毎日ケアをしていかないといけないという事です。目元のケアで一番大事なのが保湿です。目元を乾燥させないようにする事でシワや乾燥による小ジワも予防できます。洗顔やクレンジングをした後は必ず保湿をしないといけません。洗顔の時にもしっかりと泡を泡立てて優しく目元を包むように洗います。ここでごしごしとこすってしまうと肌にダメージが出てしまい、さらに乾燥が進んでしまいます。保湿成分の入った化粧品で肌を整えた後、目元にアイクリームを塗っていきます。目元用の化粧品は目の周りの事を考えて作られている為、保湿効果がかなり高いものや小ジワに効果のある成分が配合されているものが多いです。これらを塗る時にも力を入れずに優しくなでるように塗っていくと良いです。こうしてアイクリームで目元を整える事で毎日のアイメイクのノリもさらに良くなっていくと思います。いつまでも綺麗な目元でいられるようにケアをしていきましょう。アイクリームの使い方って実は知らなかったりします。ケアの順番次第で効果の発揮の仕方も変わってくるので気を付けたい所です。まずアイクリームはどの順番で使えば良いのかというと、基本的に化粧品を肌にのせる時には油分が少ないものからのせていく事で肌の角層への浸透が良くなると言われています。アイクリームは比較的油性成分が多く含まれていて、肌に密着しやすいものが多いです。なので化粧水、美容液。乳液、アイクリーム、クリームの順番で使うと良いです。製品によっても使い方は違ったりしますが基本的にはこの順番です。この時に気を付けたいのが、アイクリームと同じ目的で使われている目元用美容液を使う順番です。目元用美容液の場合はアイクリームに比べて水性成分が多く含まれているので、美容液の後に使うと良いと思います。使う順序に気を付けるだけでも化粧品のもつ力を最大限に発揮できるのできちんと効果を得られると思います。そしてアイクリームを使用する時には使用量を手の甲に出し、指でアイクリームを温めます。温める事でアイクリームが柔らかくなり、肌になじませやすくなります。温かくなったアイクリームを目の周りに点々と置き、指の腹で優しく肌に塗ります。この時に力を入れない事がポイントです。目の周りにアイクリームをなじませた後は指の腹でふたをするようにアイクリームを肌に密着させましょう。乾燥や小ジワが気になる部分にはアイクリームを重ね付けしていくのも良いです。アイクリームを使ってしっとりウルウルな目元にしていきましょう。代官山 骨盤矯正


ホーム RSS購読 サイトマップ