日焼け止めが肌荒れの原因かも

日焼け止めが肌荒れの原因かも

日焼け止めが肌荒れの原因かも

日焼けは美容の大敵ですが、その日焼けを防ぐために使用する日焼け止めが原因で肌荒れが起こってしまうこともあるのです。肌に塗ることで肌の機能を高めたり、コンディションを良く保つスキンケア製品と異なり、日焼け止めは紫外線をカットするための成分が含まれているのです。もちろん肌への負担も少なくありません。そのため、日焼け止めを使用する際は、紫外線カット力だけで選ばず、シーンに合わせて出来るだけ肌への負担を軽くすることが大切なのです。ちょっとした外出だけなのか、長時間のアウトドアなのか、目的によって変える必要があります。なかには、絶対に肌を焼きたくないからと言って普段からSPF50もある日焼け止めを使用している人もいるかもしれません。紫外線カット力の強さに比例して、肌への刺激ももちろん強くなります。こうした日焼け止めの強い刺激や負担が原因で、肌荒れを引き起こしてしまうこともあるのです。絶対に焼きたくないからといって、SPF数値の高い日焼け止めを普段の生活で使用する事はおすすめできません。間違った選択は、日焼けを防ぐどころかデメリットも多いので気をつけましょう。また、成分によって肌が荒れてしまう原因になることも考えられます。特に敏感肌の人はちょっとした刺激や成分によって赤み、吹き出物を引き起こしてしまいます。こうした日焼け止め成分による刺激が不安な場合はオーガニックの日焼け止めや、添加物の少ないものを選ぶことで肌荒れ防止が期待できます。紫外線対策をいくら行っても、肌が焼けてしまうと悩んでいる人がいるでしょう。その一方で、日焼けをしても肌が赤くなるだけという人も少なくありません。実は、肌の違いによって日焼けの仕方は全く異なるのです。そもそもこれはその人が持つメラニン色素の量や、メラニン色素を作り出す細胞の働きが大きく関係しています。これは人が生まれながらに持っている遺伝のため、紫外線対策を行っても焼けてしまう人もいれば、全く焼けない人もいるなどその違いが生まれるのです。メラニン色素が多かったり、メラニン色素を作り出す細胞の働きが活発な肌を持つ人の場合、紫外線を浴びると肌は黒くなりやすいです。これは体が紫外線から肌を守ろうとするため、メラニン色素を作るからだと考えられます。実は日焼けしやすい人の肌というのは、紫外線に対する防御機能が高いのです。反対にメラニン色素が少ない、またはメラニン色素を作る細胞の働きが緩やかな肌を持つ人の場合、赤く炎症を起こすだけで肌の色は黒くなりにくいのです。このように、肌の違いにより焼け方は異なります。一見すると、肌が黒くならない方がダメージが少ないと思われがちですが、実は後者の方が紫外線のダメージを受けやすく、シミやしわの原因になりやすいと言われています。自分の肌はどちらのタイプなのかをきちんと把握し、しっかりと日々の紫外線ケアを行いましょう!美容室 練馬 ヘアサロン パーマ トリートメント 口コミ 人気 オージュア


ホーム RSS購読 サイトマップ