上下関係の厳しさ

上下関係の厳しさ

上下関係の厳しさ

最近はそれほどではないかもしれませんが、美容師と言う業界は上下関係が厳しい事で有名でした。いわゆる師匠と弟子、と言う関係があるような職場で、先輩がの指導も厳しいのが一般的ですし、実力のないものはいつまでたっても上には上がることが出来ない世界です。近年パワハラなどのことばが出てくるようになってからは、そこまで厳しくは無くなったかもしれませんが、それでもなお上下関係に悩む美容師は少なくないと思われます。たとえ上下関係が見た目は厳しくなかったとしても、先輩や経営者との差というのは、直接的に実力の差であることが明確ですから、どんなにその人の言っている事が間違っていると思っても実力で勝てない限りは何も言えない世界なのかもしれません。見下されているように感じながら毎日仕事をするのは確かに精神的に参ってしまう事でしょう。美容室における人間関係と言うのは、お店の規模が小さい事が多いので、何かにつけ「全員」で上手くやっていかなくてはいけない所に難しさがあると思われます。人数が多い職場であれば同じ時期に仕事を始めた同期のメンバーや年の近い先輩といった存在が頼りになるものですが、美容室ではなかなかそういう逃げ場がないのが現状でしょう。同期がいたとしてもその存在すら時にはライバルとなりますからね。アシスタントの皆さんの中で多くの人たちが悩むのは水や薬剤による手荒れの様です。もちろん個人差はあるようですが皮膚の弱い人にとっては深刻な悩みとなるようです。個の悩みはアシスタントに限った事ではなく水や薬剤をどうしても仕事上触らないわけにはいかないので、手が有れる体質の人は本当に辞めなければならないほどの深刻な悩みとなるようです。対策としては有れない様に予防するしかなく、最悪の場合には手に触れない様に手袋をすると言う手段になってしまうかもしれませんが、今の横浜駅で求人は美容院の業務委託と言う業界では手袋をはめてお客さんにシャンプーをする事は一般的ではありません。一度手荒れを起こしてしまうと美容師は完治させるのがかなり難しいとされています。それは全く水や薬剤を使わないで過ごす事がほとんど無理だからです。それは仕事をするな、というのと同じことですからね。無理をしないで早い段階で病院で診てもらって必要や処置や処方をしてもらう事が大切ですが、新人の皆さんの中にはそうやって病院に行く時間もままならない、と言う人もいるかもしれません。ですがこじらせてしまうと本当にその後の美容師生命にかかわってくる事です。そのあたりを理解してもらえないような美容室であるならばお店を変わることも考えた方が良いかもしれませんね。


ホーム RSS購読 サイトマップ