髪にも紫外線の対策が必要な訳

髪にも紫外線の対策が必要な訳

髪にも紫外線の対策が必要な訳

これからどんどん紫外線の強い季節になっていきます。多くの方が顔には日焼け止めを塗っていると思いますが、髪にはどうでしょう?あまり塗られていない方も多いのではないでしょうか?そもそも髪にも紫外線対策って必要なのでしょうか。髪は紫外線が当たる事で傷み、カラーをしている方はカラーの色が変色してしまったりするのです。カラーの色落ちの原因にもなっていたのですね。そして髪だけではなく、頭皮も紫外線ダメージの影響は大きいです。頭皮はお肌と繋がっているので、お顔にいくら紫外線対策をしたとしても、頭皮も同じように紫外線対策をしなければシミやシワの原因になってしまいます。お肌の加齢を招いてしまうっていうのは避けたいですよね。髪は紫外線を浴びてしまうと表面のキューティクルがはがれてきてしまうのです。キューティクルは髪を保護してくれる役割なのでそこが壊れてしまうとかなりのダメージです。そして髪の毛の色の元になっている成分のメラニン色素までも紫外線は壊してしまうので髪の色自体が抜けていってしまうという訳なのです。では髪には具体的にどう紫外線対策をしていったらいいのでしょうか。最近はUVカット効果のある洗い流さないトリートメントが売られていたりしますし、髪用のUVスプレーも市販されています。必ず頭皮にも忘れずにつけるようにしましょう。そして日傘や帽子などを着用して紫外線を避けていく事も大事です。この春夏はお顔と同様、髪も日焼けをしないように気を付けましょう。白髪っていつから生えてくるの?生える前に予防する事は出来るの?と気になりませんか?平均的に日本人は30代を過ぎたあたりから白髪が生え始めるそうです。男性だと30代前半くらい、女性だと30代後半くらいだと言われています。白髪がある事に気づいてしまうと自分が老けたように感じて落ち込んでしまいますよね。白髪が生え際や分け目の目立ちやすい部分に生えていると7歳も老けて見えてしまうらしいのです。これは絶対に嫌ですよね。老けて見えたくないからには白髪が生えてくるのをなるべく遅らせたいものです。白髪を予防するには健康な毛が生えてくるようにする事!白髪は老化や栄養が足りていない事、ストレス、遺伝などが原因です。老化はしょうがないとしても栄養的な部分とストレスに関しては自分でも改善の余地があります。まず食事面ではタンパク質にアミノ酸、ビタミン、ミネラルを積極的にとる事。一日に必ず睡眠は6時間から8時間はとる事。そして頭皮のマッサージを行いましょう。頭皮用の美容液やお手持ちの乳液を少量頭皮につけて指の腹でマッサージをしていきます。頭皮の血行が良くなり、髪の毛に色をつけてくれる細胞にも栄養がいきわたるようになります。美容室でのヘッドスパなどもとても気持ち良いので取り入れてみるのもいいかもしれません。後はタバコやストレスを出来るだけ避けましょう。これらは通常私たちの身体の中にある活性酸素を急激に増やしてしまい本来の働きが出来なくさせてしまうのです。活性酸素は身体の中に入ってしまった細菌やウイルスと戦ってくれているものです。これが働かなくなってしまう上、ほかの細胞も壊してしまうのでタバコやストレスはやはり良くないのです。心がけ一つで変わってくると思いますので毎日実践してみましょう。行徳 美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ